• TOPページ
  • サンコーマークについて
  • 製品紹介
  • 製品完成までの流れ
  • ギャラリー
  • よくある質問

粘着転写

粘着転写

特徴

多少ざらざらしたもの(素焼きの植木鉢程度)でも
転写できます。絵柄のフチにわずかのニスが残りますが、
ほとんど目立ちません。

用途転写素材

プラモデルのタイヤ用、トールペイントなど
クラフト用、ギター、自転車、食品サンプルなど

※転写素材、条件などにより仕様が異なります。詳細はお問い合わせ下さい。

転写方法(粘着転写) *転写する部分の、油分やほこりを完全に拭き取ってください。

3枚の構造になっています。

台紙から図柄が転写されているライスペーパーをはがします。

指で押さえて軽く転写します。

水を含ませた脱脂綿または布を用意します。

水を含ませます。

しばらく置いておくと表面がしわになってきます。

そっと、ライスペーパーをはがします。

残ったのりを水で、拭き取ります。

<ご注意>

ライスペーパーをはがすときは図柄部分をやぶらない様に注意してください。置いてからの(手順3)位置変更はできません。
転写の保護ときれいな仕上げのために、トップコートすることをおすすめします。

<貼れないところ>

紙など、水を使えないもの

<はがしかた>

セロテープ粘着テープを使ってはがします。残った粘着剤はマニキュアの除光液で、拭きとってください。
(転写された素材がプラスチックや塗装品など除こう液で溶ける場合がありますのでご確認の上、ご使用ください。)

サンコーマークの製品一覧

  • スライドマーク(水転写式)
  • シールステッカー
  • 繊維用熱転写
  • エッチングパーツ/金属風マーク
  • インスタントレタリング
  • ワンタッチ転写
  • 低温焼付転写
製品完成までの流れ Q&A よくある質問

ページトップへ